カテゴリ
タグ

CEOLY STARTUP ACADEMY第一期生

  1. TOP
  2. CEOLY STARTUP ACADEMY BLOG
  3. 第一期生
  4. CEOLY STARTUP ACADEMY / 卒業生 分部 真依さん

CEOLY STARTUP ACADEMY / 卒業生 分部 真依さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CEOLY STARTUP ACADEMY / 卒業生 分部 真依さん

分部 真依さん/サービス名:VIVA CREATE


今回は、11月7日に卒業DEMO DAYに参加いただき、プレゼンではトップバッターを務めた、CEOLY STARTUP ACADEMY第一期生【分部 真依さん】にスポットを当て、インタビューと共にご紹介してまいります。

分部さんは、学生時代に経験した感動を仕事で表現できないかと模索する中で、CEOLY STARTUP ACADEMIYと出会いました。

wakebegazo1.png

入塾時の面談では、ビジネスアイディアが固まっていなかった分部さんですが、プレゼント選びから企画・演出までを一貫してカスタムオーダーできる、オリジナルサプライズ事業「VIVA CREATE」を考案。

wakebegazo2.png

VIVA CREATEのサービスでは、「感動体験」をコンセプトとしています。
プレゼンの10分間の中には、投資家をユーザーに見立て過去にプライベートで行ってきたサプライズの数々を上映。コンセプトである「感動」を効果的に取り入れることでサプライズを受けたユーザー側の心理を擬似体験をしていただきました。

image3.png

Q 卒業DEMO DAYはどうでしたか?


6ヶ月間のコーチング期間を通して、自分のプライベートのこともあり、なかなか進み具合としては思うように進まなかったところもありましたが、今日のDEMO DAYで、投資家の方からアドバイスなどを受けて、これからやっていくべきこともわかりました。

これからビジネスモデルを少し変更しつつ、現在は改めて事業計画書から練り直しを考えているところです。
またチャレンジできるタイミングで進んでいきたいと思っております。


Q 半年間のコーチングはいかがでしたか?


半年間ありがとうございました。
感覚としてはあっという間でした。
起業に関する知識は、他のセミナーやアカデミーなどで得た知識が染み付いており、「自分自身のアイディアで収益化にしていく」というイメージが持てずに、ずっとグルグルしていました。
果たして本当にビジネスとして成立させることができるのかと、不安な気持ちもありましたが、最終的にECというカタチに辿り着いた時、これならビジネスとしてのイメージが持てると確信し、前に進むことができました。
その構築の部分はもちろん資金も要りますし、まだまだ課題は多いですが、今回半年間のコーチングを経て、自分自身の偏ってしまった視点を広げられたことは大きかったです。


Q これから入塾を希望される、二期生に関して


今回塾長の宮下さんと出会って、自分の考えているアイディアに対して「需要あるよ」と言ってくれたことが、自分を動かした大きなきっかけになったなと思っています。

しっかり向き合ってくださるので、十分な時間があった方がいいと思います。
特に、自分と向き合う時間は最低限確保できる環境で受講された方が、より効果的だと思います!

image2.png

別の起業アカデミーやコーチングを受講された方でも、CEOLY STARTUP ACADEMYでは、一人一人がその時に必要なコーチングを受講することが可能です。

分部さんは、学生時代から自分の中で構想してきたアイディアをベースとして、サービスの具現化させるために今回アカデミーに入塾されました。

スタートの切り方は人それぞれ。
CEOLY STARTUP ACADEMYのコーチングでは、塾生一人一人のペースでやりたいことの実現をサポートいたします。
少しでも当アカデミーに興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
ご不安な点や、気になる部分もできる限り事前にヒアリングし、個々に寄り添ったコーチング内容を提案してまいります。

分部さんの入塾当初のインタビューはこちら▼
https://ceoly-academy.com/article/1nensei/a20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加