カテゴリ
タグ

CEOLY

  1. TOP
  2. CEOLY STARTUP ACADEMY BLOG
  3. インタビュー 第一期生
  4. 大人達に青春を!サプライズコンシェルジュから「魂を震わす体験」のご提案

大人達に青春を!サプライズコンシェルジュから「魂を震わす体験」のご提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人達に青春を!サプライズコンシェルジュから「魂を震わす体験」のご提案

分部真依さん



Q1.起業したいと思った理由


昔から自己肯定感が低く、プレッシャーにも弱い自分がいました。
元々身体も強い方ではなかったことや、精神的に不安定な時期もあったため、何をやっても肝心なところで失敗してしまったり、自分のせいで周囲に迷惑をかけてしまう経験が幼少期から続きました。

高校3年生の体育祭で応援団長を務める事になったのですが、当初は自信がないながら手探りで始めた全体の構成や振り付けを考案。体育祭当日は100人ほどの応援団を見事まとめ上げ、周囲からの評判もあって続く文化祭ではミュージカルの監督・脚本・振り付け・衣装・舞台監督など全ての総指揮を任されることに…!
文化祭準備期間の約2ヶ月の間、寝る間も惜しんで全力で駆け抜けた結果、誰一人欠けることなく舞台が幕を閉じた瞬間は魂から震える思いでした。

人に認められた経験や喜んでもらえた達成感がきっかけで、幼少期までの自己評価の低い自分から、自分の価値を見直して自信をつけることが出来たのだと思います。

社会人になり、日常生活を送る中で「あの時のような感動や、心が震える体験を仕事でも感じたい」と思うようになり、そういった感情を多くの人とリアルの場で共感し合えるサービスを創り上げたいと思うようになりました。

”だれの心の中にもある高校時代の青春の日々…”

私の原点である《文化祭》を超えていく「魂が震える経験」を、全ての大人たちを対象に提供していきたいという思いから、起業を志しました。



Q2.​CEOLY STRATUP ACADEMYへ入塾しようと思った決め手を教えてください。


これまで、起業するためにコーチやコンサルを数名つけたり起業塾にも通ってみましたが、
色んな学びや意見を取り入れてしまったが故に、自分のしたいことに矢印が向いてはいるものの、何から始めるべきか迷走し続けている状態でした。
  
これまでは、起業マインドやコーチング関係の考え方などを学んできましたが、私のアイディアに関して否定的な意見が多く、不信感や自信を失いかけていたところ、CEOLYの説明会で宮下塾長からもらった実践的なアドバイスに衝撃と感銘を受けました。

このアカデミーでなら、具体的に自分のサービスカタチあるものに創り上げていけると感じたことも決め手の一つです。


Q3.実際に授業を受けてみていかがでしたか?


2人体制のサポートで、これまでとは違った観点からアドバイスなどもいただけるので、非常に感謝しております。

FotoJet.png

Q4.今後の課題や目標について


課題点は、事業と向き合う姿勢と時間です。
まだ、マネタイズできるイメージが湧かず、今の最低限必要な生活費を賄うための必要な時間を捨てることができていません。
(過去に経験した、生活できないほど精神的に追い込まれる自分に戻りたくないという思いも、大きく関係していると思います。)

目標としては、サプライズコンシェルジュとして自社の確固たる強みを模索し、競合との差別化を図ること。
私のサービスに関わっていく全ての人が、心がデトックスされたり人生が充実していると感じられたり、自分を取り巻く周囲との関係性が良くなることを目指しています。

もっと壮大なテーマでいうと、人生が変わるきっかけを体験を通して創り、出会う人が心から笑顔を見せてくれるようになりたいです。

卒業後のDEMO DAYでは、投資家の皆さんから手を挙げていただけるよう、資金調達1000万円を目指しています。


分部さんのように、最初の面談時から「自分のやりたいことを上手くまとめられない」という方は少なくありません。

自分のアイディアだけでは煮詰まってしまい、「こうでなければならない」と視野が狭まってしまう方が多いです。
進むべき道を整理し視点の変換をすることで、アイディアは無限に広がっていきます。

CEOLY STARTUP ACADEMYでは、「とくかく起業したい!」という強い気持ちがあれば、あなたの中に眠るアイディアやサービスを様々な角度からフォーカスしていき、事業の可能性を広げるお手伝いをさせていただきます。


具体的なアイディアなどがなくても、一度お問い合わせください。
CEOLY STARTUP ACADEMYで、あなたの中に眠る可能性を見つけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加