カテゴリ
タグ

CEOLY STARTUP ACADEMY第一期生

  1. TOP
  2. CEOLY STARTUP ACADEMY BLOG
  3. 第一期生
  4. 社員のカラダ改革〜福利厚生へ推奨「カラダコモン」

社員のカラダ改革〜福利厚生へ推奨「カラダコモン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社員のカラダ改革〜福利厚生へ推奨「カラダコモン」

株式会社カラダコモン/代表取締役 白井佑太さん



Q1.起業家になりたいと思った理由


元々、自分の中で「誰かに認められたい」という承認欲求が強く、常に周りより一つ飛び抜たいという思いがありました。

当時の僕は、将来鍼灸師として働く為に、医療技術取得を目指して働きながら専門学校に通っていたのですが、資格を取得した後に鍼灸師としてフリーランスで今の仕事に就き、収入も安定してきた頃に元来感じていた「周りより抜き出る」事について再度考えるようになりました。

『カラダコモン』の事業を考案したきっかけは、専門学校時代から感じていた「もっと大きな仕事がしたい」「もっと他者から認められる仕事がしたい」という漠然とした承認欲求からでしたが、鍼灸師として技術を極め一人一人の顧客と向き合う日々の中で、

・自分1人だけで完結する事業ではなく、もっと事業として大きく展開することはできないのか?

・鍼灸師の資格で将来の可能性を広げることはできないのか?

という思いから、今回のサービスアイディアに繋がっていきました。



白井 佑太 yuta shirai (4).png

Q2.​カラダコモンについて


カラダコモンは企業と企業を繋ぐBtoBのマッチングサービスです。

毎日の業務に忙しく、なかなか身体のメンテナンスが行き届かない役員や社員たちの福利厚生として、企業に一定期間”カラダの顧問”を派遣します。期間内であれば、メンテナンスセラピストを呼ぶことが可能です。

まずは、僕が住む大阪を起点として、東京〜全国展開できるようセラピストのネットワークを広げる構想を立てています。

現在の進捗をお話しすると、マッチングに特化したシステム会社と連携して、サービスの管理ツールを依頼しているところです。

実際に提案いただいたシステム会社8社の中から、自分のサービスに一番親和性が高いと感じた1社にお願いすることにしました。
システム開発の知識が乏しいながらも、アドバイスをもらいながら奮闘しています!


白井 佑太 yuta shirai (6).png



Q3.CEOLYに入塾したきっかけと面談を受けた感想


まず「何で」起業するかを考えたとき、全く知見のない事業からではなく、自分の知識と技術があるサービスで開始しようと考えました。

しかし、起業への気持ちが人一倍強かったものの、当初は漠然としたアイディアのみだけだったので、具体的にどうやって事業を立ち上げていいのか全くわからず、何かを始めなければという気持ちばかり焦っていました。

CEOLY STARTUP ACADEMYは、たまたまネットサーフィンをした時に見つけたのですが、そんな僕の「なんでもいいからとりあえず動きたい!」という気持ちを、具体的なアドバイスによって一歩踏み出してくれました。

また、メンターである塾長の宮下氏からも、先輩起業家のアドバイスを交えながら実践的に必要なタスクを与えてもらうことで、起業への道が飛躍的に伸び、入塾開始からわずか4ヶ月の今月8月23日に、晴れて法人設立完了を迎えようとしています。

本音を言うと、入塾して一気にいろいろなことが始まって動き出し、その一つ一つの最終決定を自分の判断でしなければならないので「この判断で間違っていないだろうか?」という自分の選択に対する戸惑いと不安に襲われた時期もありました。

でも株式会社カラダコモンの代表取締役となる今、ここまできたらもう進むしかない!腹を括ります...!!



Q4.CEOLYでの今後の課題について


過去にも、起業セミナーを利用したことはありますが、ここまで本格的に起業に向けて行動したことは初めてです。

鍼灸師という職業はまだまだアナログな世界なので、今後のアクションで必須となる「営業知識」や「マーケティング」に関することも、アドバイスをいただき、引き続き勉強していきたいです。卒業までの残りの数ヶ月で、目一杯吸収していきたいと思います!


起業する際、走り出しに一番勇気が入りますが、とにかく実行あるのみ!

頭だけで考えず行動することが何よりも大切である事、スタートダッシュの大切さを教えてくれた白井さんでした。

現在27歳の若手実業家に乞うご期待です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加